^

生前契約

 遺言書はご自身の死後の問題を解決するために作成します。 しかし近年は、死後の問題解決だけではなく、ご自身が老後を安心して暮らせるように、介護や財産管理など亡くなる前の問題に関しても、あらかじめ準備しておきたいという方が増えています。


 このような方の委託に応えるのが「生前契約」です。以下、この制度に関する概要を紹介します。


生前契約書の概要

 生前契約書の概要は以下のとおりです。

  • 寝たきりに備える → 財産管理委任契約
  •   
  • 認知症に備える → 任意後見契約・見守り契約
  •   
  • 延命措置に備える → 尊厳死宣言書
  •   
  • 死後に備える → 遺言書・死後事務委任契約

◎財産管理委任契約では、体の自由が利かなくなったときに、金融機関や行政機関での手続きや生活費の支払い、病気になったときの入院手続きや介護関係の手続きなどを、委任した人に代行させることが出来ます。


◎任意後見契約では、認知症などで 判断力が低下したときに、財産の管理や療養看護に関する手続きを、あらかじめ選任しておいた任意後見人に広く任せることが出来ます。


◎見守り契約では、判断能力の低下や健康状態の変化を見極めるために定期的に連絡、訪問を行う契約を結びます。


◎尊厳死宣言書は、延命治療を拒否して自然な死を迎えるためのものです。


◎死後事務委任契約では、葬儀費用や医療費などの支払い、行政官庁への届け出など、死後の事務処理を委任した人に任せることができます。



 これらの生前契約書と遺言書を一緒に作っておくことで、ご自身の「老後のあんしん」と「死後のあんしん」を実現することが可能になります。

 このような契約をすべて締結するということではなくとも、ご自身の状況や将来への不安などによって、各契約をどのように組み合わせるかを検討することになります。

 当相談所では現在の状況や希望をしっかりお聞きした上で、適切な組み合わせを提案し契約書作成を引き受けています。また費用についてもご案内しておりますので、お気軽にお問合せください。